最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

帽子なんです。

僕が、いつも被っている帽子なんですが、KEDO ってイニシャルなんですが。
、これは、Korean peninsula Energy Development Organization,の略です。
00010

2010年3月30日 (火)

はじめの1歩、、。

 さ、4月になったら、はじめの1歩から、いや、はじめの1漕から始めようと思います。毎日、おにぎり持参で、朝から漕いでいようと考えています。先の事は、なにも分からないし決まっていないけど、、、、、とにかく、自分の為に、自分が満足しようと思い漕いでいようと思っています。あららかしこ、、、、ハイ(笑顔)。これは、いつも迷惑をかけている白洲さんです。
0039

2010年3月28日 (日)

 ロール、ロール、ロール。

 今日は、かなり寒い、北風も有り、しかも曇り空。だから、ロールの練習を1時間程、、、、やりました。最近、お弟子2号さんが、ロールで失敗を重ねたので、失敗のイメージだけを、頭の回路に残しておくのは良くないのです。今日は、最初に戻し、、一歩ずつ、、ハイ、これで、今まで通りのロール成功のイメージを頭の回路に入れ替えました。そんな数時間でした。さ、もう少し暖かくなってきたら、お弟子さん1号の竹内さんと、、、、、、(笑顔)。
0001

2010年3月27日 (土)

互いに、タフに!

 僕が、あのニュースを見たのは、葉山の中華屋、1番のテレビニュースだったと思う。漕いで、昼食に入った中華屋さん、もう5年も経つので、記憶が間違っているのかもしてない。彼の、名前が出ていた。僕は、なんとなくセニョールが好きだった。
僕らは、偶然、、こうして、毎年、この時期、、、、海に祈る。
009

スパルタンプリンス

 随分と久しぶりに、スパルタンプリンスを漕ぐ、歳月を経てブーメランの様に、僕の手元に戻って来た。スパルタンプリンス、スパルタンプリンス、スパルタンプリンス、スパルタンプリンス、スパルタンプリンスなのです。
0059

ウオータースポーツ

 レースの後は、見ていて気持ちが良い、こじんまりとしているけど、見ていて楽しい。それがウオータースポーツなんなのだろう。
0053

2010年3月26日 (金)

ある講習会に参加してきました。

 僕は、3月23日から25日まで、ある講習会に参加させてもらってきました。朝の8時から、夜の11時まで、、温水プールから、冷たい真冬並の北風と、土砂降りの中、冷えきってしまう屋外のプールの中まで、、厳しいけれど、芯の通った講習でした。この講習では、多くの事を学べました。いままで、自分の中で、バラバラに成長していたファクターが同じ方向に向きを変っていくのが、自分でも実感できました。この講習会を紹介してくれた、Kさんには心から感謝します。僕にとっては、刺激になり、ワンランク上から客観的に自分と自分のスキル、知識を見るキッカケとなったと思います。
0002

2010年3月22日 (月)

  気の弱い僕は、立ちくらみしそうな場面です。

 この写真は、海の仲間が談笑しているように見えますが、、、そうじゃありません。この右側の2人は、シーカヤックのプロにイントラなんですネ、これが、、僕は、久しぶりに手元に戻ってきた、スパルタンプリンスを車に乗せている所なんですが、、さてさて、この3人は、一体どんな会話をしているんでしょうか?僕は、立ちくらみしそうなのです。ハイ。
000000030

そうなんです。

 何が、そうなんですか、良く分からないけど、、、そうなんです。実に良い記念写真だと僕は、思っています。ハイ。
00004

2010年3月21日 (日)

整理整頓、、、しなきゃ。

 自宅のマンションには、数えないくらいの整理しなければならないモノが溢れている。どうせ、ホコリを被って眠ているか、不必要に場所を占拠しているのだ。この間、30年分の貸与されていた装備品とか衣服を、、、車で運んで、職場に返却したので、少しだけ部屋が広くなった。さてさて、4月が、一気に片付けるチャンスなのだ。さ、憧れのシンプルライフへ、、、、(無理かな、、笑)。
ちなみに、この文章と、この写真は何の脈絡もありませんもの、、、ハイ。
0041

2010年3月20日 (土)

救急法講習受講顛末記

 横浜の西口から歩いて10分程で沢渡中央公園に着いた。職業柄、、とにかく早く現場に行くという少し悲しい習性がある。救急法の講習の受付、40分以上前についてしまった。実際の受付を終わり、講習を受ける人が集まってくるのは、意外な程にのんびりしている。講習会の都合で、僕は「上級救急法」を受ける事になっているので少し気が重い。リックにジャージ等を詰め込み、、途中のコンビにで昼食を買って来た。で、ジャージに着替える事も無く、、そのままジーパンで各種講習を受け夕方の5時を迎えた。心肺蘇生法の実習をかなり繰り返して行った。2回人口呼吸をして30回の胸骨圧迫、これを5セットで、一区切り。さてさて、ダミー人形を相手に、何度繰り返した事か、、、、、、疲れました。若い人とコンビを組んだのだが、結構、みなさん真剣で積極的なのには、感心しました。あれやこれやの実習で、おじさんは、相当にクタクタになりました。正味の夕方の5時まで、、、ビッシリの講習です。でも、やはり為になります。朝とは違い、夕方には、講習を受けて良かったナって感じました。そんな1日でした。ハイ。
00006

2010年3月19日 (金)

人に貰ってもらったり、安く譲ったりの巻。

道具を、人に譲って事は、簡単な様で難しい。友人なら「やる」、「いらない」って会話がある。しかし、ことカヤックの道具になると、、、譲る時も、売る時も、考える。この艇に乗れるだろうか?相手のレベルが分からないと、やはり、簡単には譲れない。これは、結構、自分の中では、ジレンマなのです。
0008

2010年3月15日 (月)

僕のスクール艇は「知床」なんです。

 僕は、R40のカヤックスクールを始めようと思っている。まだまだ、乗り越えなければいけない壁が、幾つもあるのだけれど、、、あせらず、人様に迷惑をかけずに、少しづつ歩いて行こうと思っています。で、僕のスクール艇は、「知床」なんです。この艇から僕の小さな物語は、はじまるのだと、、、考えています。「知床」、「知床」、「知床」大好きな艇なのです。
0010

2010年3月14日 (日)

リーンのしかた。

 カヤックを傾ける、つまりリーンさせるポイントは、傾ける側のお尻に体重の乗せる事なのです。頭の軸線はセンターに残したまま、、、、、体重だけ、お尻の片方に預けます。これが無理しないで、、リーンをするコツです。この写真は、左のお尻に体重をかけています、右側の膝で、、、カヤックを持ち上げてはいません。ハイ。
0013

2010年3月13日 (土)

シーカヤックはラインが素敵です。

 シーカヤックには、無駄を省いた機能美がある。乗り物として、本当に美しい、、僕は、そう思っています。このナイチンゲールのラインも本当にいいな(笑顔)。
012

白木蓮なんです。

 僕は、昔から、この白木蓮が好きなんです。最近は、あまり、感じないけど、まだ若い頃、、何だか、とても懐かしい気がしたものです。何だか、ずっと昔から、、、この花は、知っている、そんな思い違いの不思議な感覚、、、、時をかけるオヤジではないのですが、もしかすると、僕にも前世とかが、あったら、この白木蓮の原産国である、中国の四川省とかなのかと、一人で馬鹿な思いに浸っています。

0004

2010年3月12日 (金)

まずい、脂、、、違った、油切れ、、。

 何だかんだと、1月近くも漕いでいない気がするのだ。で、久しぶりにソロで漕ぎ出す。昼間漕いで、、、午後9時には、筋肉痛になっている、、相当に身体がなまっている。漕ぐ時に使う筋肉の箇所が重い、、、漕ぎ方は、間違っていない。単に運動不足なのだ。さ、明日も漕ぐぞ。
0008

2010年3月10日 (水)

アナログは悲しからずや、、

 残念ですが、3月14日の「救急法」の講習は定員になりましたので、次回の、、、と、申し込んだ所から返信メールが届いた。で、他の講習をと、サイトを沢山検索したのだが、、、要領を得ない。しかたがないので、アナログ、、、電話をかける、、、なんと「音声の案内にしたがい、何番のボタンを、、」ってきやがった。で、パシッ、パシッとボタンを押すと、、、長い呼び出し音の後に、やっと人が出て来て、、、「それは、係が違うので転送します。」って、で、その係の人と話して、、、、行き着く先が、「3月14日に講習会」が、ってきた。僕は、そうきたかって、丁寧に謝意を述べて、電話を切った。次は、横浜消防、、、、何度か電話をかけて、(社)横浜市防災予防、、、、にたどりついたのだ。ここから、例によって疾風怒濤の展開に、、、、担当者の方が親切で、、何故か3月20日の、救急法の上級みたいな、丸1日コースを受ける事になったのだ。あしたの為に、、、その1、救急法なのです。ハイ。

2010年3月 9日 (火)

好きな事、、、

 好きな事をやろうと思っている。心と身体にまとわり付いた邪魔な習慣やバリヤーを振り払う。そりゃ、キャベツ見たいに、、、、葉っぱをむいていったら、、、、何も残らないのかもしれないし、もしかすると、以外とそれが自分の正体なのかもしれない。でも、最近、飯が甘い。
自分を取り囲んでいた、ブラックホールみたいな、、、そんなストレスから、僕は、ワープ航法で飛び越えようとしている。3月も落ち着いたら、そろりそろりと、で、4月からは、毎日、葉山で漕いでいます。
0004

2010年3月 8日 (月)

退路を断つ、、、ん?袋の大ネズミ、、

 さて、そんな風に自分で決めました。上司でも部下でもなく、、、自分で。僕は、いまはニコニコしています。ここだけの話ですが、嬉しくって、楽しくってワクワクしています。さて、飽きれるくらいにシーカヤッキング三昧をするのでしょうか?それとも、何か、もっと別の事でも見つけてしまうのでしょうか?僕は、かなり偏っていますので(自分では、自分が一番まともだと思っているのですが 笑)、スクールをやるなら、WF社製のシーカヤックしか使わないつもりなのです。僕、、、勤め人やってて本当によかった、、だって、定年前に、辞表を出せる楽しみがあったんだもん。
0007

2010年3月 6日 (土)

あしたの為に、その1、まずは、救急法なんです。

あしたのためにその1、、、救急法。
これは、30年程前に初級をとっている、、、、今でも、トラウマになるほどの思い出なんです。梅雨の明けきれない、まじで土砂降りの葉山の海で、、、仲間36人と「バディー!!」なんて叫びながら、、、海と戯れていたのです(救急法の指導員立ち会いのもとです、遊びじゃありません)。そりゃ、鳥肌総立ち、、唇にはチアノーゼ。
でも、それは大昔、、、、今は、相当に変わっている筈だから、、、とりあえず日本赤十字の講習で3月14日の予約をお願いしたのだ。で、ホームページを見ていると何かおかしい???、なんだ???、心の片隅でキラキラするものを感じる、?????、まてよ、、財布の中を見ると、、、なんと「救急法、AED」の受講証が1枚ある、、、あっ!!そういえば、オレ前に受けていたんだ。うーーーーーーーん。でも、また受けてきます。あたしの為に!。
000000  

2010年3月 5日 (金)

シーカヤックは、時を重ねた人が楽しめるものです。

 シーカヤックは、ある程度、歳をとってからの方が楽しいって、最近、思える様になってきました。特に40歳を過ぎて、、、人生で背負い込む荷物が増してから、、、、ますますそんな気がします。50歳を超えると、、、、、、もう、至福の時になります。それなりに漕いで、それなりに浮かんで、風や波に遊んでもらって、、、、、サーフィンで言うところのメローな波にも出会えます。うーーーーん、僕は、職業柄20代から格闘技を少しかじらされました。蹴られれば痛いし、棒で頭を殴られれば、、、防具の面をつけていても、相当に頭に響きます。筋肉痛で階段を降りるのが、苦痛って経験は、、、そうそう出来るモノではありません。黒帯でも、投げられれば、、、畳は痛いんです。。ハイ。(そう、あのころは、こんな軟弱な自分でも、、かかってらっしゃいなんて、大変な勘違いをしていました。)あれから、30年、、、、いまでは、口先三寸の大技で、相手を納得させて丸め込みます。ん?何の話だって???、はい、おっしゃる通り、、、、支離滅裂で、申し訳有りません。
これは、知床、、、、、、僕は、この艇も大好きなんです。
0075

2010年3月 4日 (木)

てな感じです。

 3月は、季節の変わり目、、、冬から春へ、、、当たり前の事なのですが、、、、この季節は、以外と厄介なのです。え??、足りないお前なんかに能書きなんか言われたくないって?うーーーーーーーーーーーん、うーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、いつも手厳しいな。butですな、、、簡単に申し上げますと、、この季節の海が、一番、漕ぐには用心しなけりゃいけないってお話です。天候が激変いたします、、、30分で、楽しいくらい白波が沸き上がります。どちらさまも、気をつけて下さいませ、、ハイ。そんなお話でした。申し訳ない、、スイマセン。
Ojisan_dorink_dayo

2010年3月 3日 (水)

使い込んで見よう

 少し使い込んで見よう、カヤックも道具も、、、無論、自分の頭も、、、(笑。)ゆったり、のんびり、のびのび、、そして、セコセコと。人と比べても、僕には、才能が無い。だから、これからは(今までもそうなんですが、、)自分と向き合って、、、いや、かなりオレは嫌な奴だから、あまり自分とは、話したくないんですが、、ハハ。いつも、ついて来てくれるのは、自分だけですもの、、、ハイ。18年前に購入したアクアバンドのパドルと年金パドルを見比べながら、、、、そんな事を考えています。
0002

2010年3月 2日 (火)

これが、これからの僕の旗印なのです。

 僕が、新社会人になってから、34年が過ぎた。人様に胸をはって、、、生きていたのか?自分では分からない。そのころ、日本では55歳が定年だったのだ。21世紀の今、定年は、60歳、、、近い将来、63歳から65歳までと変化していくのだろう。戦後まもない生まれの自分には、、、、そんなアバーター(分身みたいな)の世界は信じられないのだ。
僕は、今、大きな組織を早期退職という言い訳で、おりる事にした。これは、はっきり言って、敵前逃亡に近い、、、しかし、キッチリと自分の頭の中では、55歳が定年なのです。ここで区切りをつけなきゃ、僕が僕でなくなってしまうのです。そして、これが、これからの僕の旗印、、、友達のカメさんに心から感謝します。ハイ。
0himeno

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »